濃いVIOラインのムダ毛でもスピーディに脱毛効果を得られる医療脱毛

VIOラインのムダ毛
医療機関で行われているレーザー脱毛のメリットは、ムダ毛を生やす毛根組織にダメージを与え、細胞を破壊することを目的にした医療行為を受けられる点です。

脱毛サロンで行われている光脱毛も仕組みとしては大きな違いはないものの、細胞を破壊して機能させないように働きかけられる効果的なアプローチが可能であり、いわゆる永久脱毛を行えるというのが特徴になります。

光脱毛では効果が出づらい部位のムダ毛も少ない回数で完了させられることから、全身脱毛はもちろん、特に広範囲に濃く生えているVIOラインの悩みを抱えているかたにはおすすめの施術方法です。

VIOラインのムダ毛はワキと同様に、他の体毛と比較して濃く太く生えていますので、脱毛を試みても効果が表れづらく長く残りやすい部位の1つです。

その上、皮膚が薄く色素も濃いことから、トラブルが起こらないように施術には非常に気を遣います。

事故が起こらないように充分な配慮がされていますが、脱毛サロンでは他の部位と比較して出力を抑え気味に設定されることも多く、その分さらに施術回数がかかってしまうというのがネックです。

もちろん、医療脱毛に関しても同様に注意しながらの施術になりますが、医療免許を持っているスタッフが施術に対応する点や、レーザーが光よりも効果的に作用する点から、安全に、かつ早めに脱毛効果を実感しやすいのがメリットになります。

具体的な完了までの回数に関しては個人差があるものの、Vラインは5回程度でナチュラルな状態に仕上がりますし、ツルツルにしたい場合も8回から10回程度です。

IOラインは効果が出るまでに時間がかかりますが、自己処理が不要になるのが8回程度から、10回から12回程度で無毛状態に整えられます。

なお、脱毛サロンの光脱毛であればこの倍程度かかりますので、早く綺麗になりたいかたには最適です。

ただし、医療脱毛は効果が早く出やすい分、照射のたびに鋭い痛みを感じてしまうというデメリットがあります。

皮膚が薄く毛が濃い部分ほど刺激に関するリスクが高まりますが、VIOラインはその筆頭です。どうしても我慢ができないという場合には医療機関で処方されている塗るタイプの麻酔、もしくは笑気麻酔などを利用することをおすすめします。

とはいえ、医療脱毛は1回目からムダ毛の減りを感じやすい方法で、濃いVIOラインのムダ毛であればなおのこと効果を実感しやすく、回数を重ねるごとに痛みも軽減していきます。

そのため、必要以上に構える必要がありません。痛みが酷いのは最初のみで、脱毛を開始して半年ほどで快適に、そして1年もすればムダ毛のない理想的な状態へと近づけられます。

【関連サイト】https://xn--m9jq9cy73r7fby15fuhp15t.jp/